こどもの王国

~自分で考え 行動し 責任を持つ人を育てる~

お知らせ ~給食を開始しました~

お子さまの安心・安全を考え、健康と環境に気遣った食材を使用しております。こどもの王国ファームで採れた無農薬のお米や野菜を使用し、その他の食品も極力保存料や着色料を使っていないものやGM対策済みのものを選んでおります。

お知らせ ~施設拡張が決定しました~

現在の保育室の隣のスペースを保育園として使用することが決まりました。これによって施設面積が現在の2倍以上になります。こどもの王国ならではの、遊びと学びが凝縮された保育室を創り上げて参ります。

1970年、代表理事の一人である坂本政典が、横浜市本牧で定員50名の小さな幼稚園『ヒルズ学園こどもの王国幼稚園』を創立しました。その後1993年ニュージーランドに渡り、小中高一貫進学準備校 The Oceania International Collegeを創立し、以来47年間、独自の教育哲学を貫き、幼児/児童教育に歴史を刻んできました。

そして2017年4月、池袋に保育園第一号として『こどもの王国保育園 池袋教室』を開園しました。

教育理念

『自分で考え 行動し 責任を持つ人を育てる』

~教育の主権者はこども自身です~ student centred

それぞれの子が本来持っている輝きを放ち、夢を持ち、未来に向かって生きてゆく子を育てます。皆が同じ価値観を求められ、相対的に与えられた評価は、時としてこどもたちの魅力や希望、本来持っている能力の芽を摘んでしまうことがあるのではないでしょうか。
「人はこの世に、何らかの役割を持って生まれてくる」と私たちは信じています。体を動かすことが得意な子、指先手先が器用な子、音に敏感な子、リズム感に恵まれた子、色彩や空間デザインに優れた子…

皆が同じではないのです。だからこそお互いが支え合い、協力し合って生きてゆくのではないでしょうか。
勉強はもちろん大切です。しかしそれ以上に、こどもたちそれぞれが本来持っている輝きを放ち、夢に向かって生きてゆくことを大切にしてほしいと願っています。

こども一人一人が生まれながらに持っている宝物を見つけるお手伝いがしたい。

これが私たちの思いです。

園長あいさつ
はじめまして。こどもの王国保育園、園長の菊地奈津美です。

私は幼い頃に保育士に憧れ、保育の世界に飛び込みました。
子どもが好き。楽しそう。そんな思いで保育士になりましたが、保育を学べば学ぶほど、子どもの頃の育ちの大切さを感じるようになりました。

特に保育園に通う子どもたちの育ちは、勉強が出来る、スキルが身に付くといった、テストで測れるものではありません。

自信や意欲を持つこと、愛されている喜び、友だちといると楽しいという感覚…生きていくために大切な力を育んでいく時代です。

この大事な時期に保育園へ通ってくれる子どもたちに、どんな言葉をかけ、どんな保育をしていったらいいのか、ずっと考えてきました。

これからの時代は、これまで以上に激しく変化する時代が訪れると言われています。今の子どもたちが大人になる頃、私たちには想像もつかない未来になっていることでしょう。

そんな時代を生きていく子どもたちには、どんな力が必要でしょうか。

大人の言うことを聞く子が"良い子" みんなと同じ子が"良いこと" テストで良い点数をとれる子が"優等生"
本当にそうでしょうか。

【自分で考え 行動し 責任をもつ人を育てる】 これが、こども王国保育園の保育理念です。

この理念や方針に共感し、この度園長としてスタートすることになりました。

こどもの王国保育園は、自分の頭で考え、自分の足で立ち、責任をもって前へ進んでいける人を育てる保育園です。

子ども一人ひとりを一人の人間として尊重し、子どもたちそれぞれが本来持っている輝きを放っていけるよう、私たちは保育/教育活動に全力で邁進して参ります。

【プロフィール】

東京都板橋区出身。幼稚園時代に「幼稚園の先生になりたい!」という夢をもつ。8歳年下の弟の世話や保育園でのボランティアを経験し、保育の道を志す。
聖徳大学児童学科を卒業。さいたま市・板橋区の公立保育園で7年間保育士として勤務。その後、東京学芸大 学芸の森保育園にて主任保育士として、またNPO法人東京学芸大子ども未来研究所専門研究員として勤務する。
保育の大切さを感じ、2011年に保育士向けのワークショップを開催する団体『Child+』を設立し共同代表を務める。また、子どもの育ちの大切さを社会に発信するため、保育者が自分の夢を発表する場『保育ドリームプラン・プレゼンテーション』を立ち上げ、代表に就任する。
月刊「ひろば」をはじめとした複数の保育雑誌でカリキュラムの執筆をするなど多岐にわたる活動の中で、子どもや子育てに優しい社会をつくることを目標に日々尽力している。
日々の保育の様子

保育園での様子は毎日リアルタイムにお知らせしています

こどもの王国保育園では、園とご家庭をリアルタイムでおつなぎするアプリ「hugnote」を活用しております。
お子さまの様子や毎日の出来事、園からのお知らせなどを随時保護者の皆さまにお知らせしております。
保護者の皆さまからは「園での様子がすぐに分かるのでとても安心です」「会社からの帰りの電車の中でhugnoteを見ることが毎日の楽しみになっています」など、好評をいただいております。

3つの特長

多言語 多文化 多世代交流を通して、
コミュニケーション能力を育みます

自然科学やロボットを活用した
最先端のICT教育で
情報社会を生き抜く力を育みます

農業や里山での体験を通じて、
自然を受容し愛する心を育みます

1. 多言語 多文化 多世代交流を通してコミュニケーション能力を育みます

私たち人間は社会の中で生きています。他者との違いを認め、相手を尊重し、思いやりをもって生きてゆくことが大切です。

グローバル化(社会)がますます進む現代社会では、身近な友達との協力はもちろん、小さいころから様々な文化や言語の人と触れ合うことが不可欠です。

こどもの王国には、英語をはじめとした様々な言語を母国語とする先生が在籍しています。日本語にはない音に親しみ、様々な文化に触れ合うことで、多様化の時代(グローバル社会)を生き抜く力を身につけます。

また、地域との繋がりが希薄になったと言われる昨今、近所のお年寄りやおじさん、おばさんと触れ合う機会も非常に少なくなりました。それによって、地域の文化や伝統、慣習や相互扶助の精神などの継承が途切れてしまいました。

地域コミュニティの崩壊とともに、私たちは本当に大切なものを失ってはいないでしょうか。

地域社会との関わりの中で、温かくこどもを見守り育てたい。

こどもの王国では、近隣地域の方々やお年寄り、大学生、学童教室に来る小学生、プロフェッショナルな技能を持つ方々等多くの人々との交流を大切にしてゆきます。

 

2. 自然科学の実験やロボットを活用した最先端のICT教育で、情報社会を生き抜く力を育みます

今後さらにICT化が進み、多くの仕事がロボットに取って代わられるとも言われています。そのような時代を生きるこどもたちには、自分の頭でしっかり考え、自らの道を切り拓いていく能力が求められます。

こどもの王国では、北原達正先生(京都大学にて宇宙物理学を専攻、元京都大学総合人間学部非常勤講師、現在は「子どもの理科離れをなくす会」代表)監修/指導のもと、年齢や発達段階に応じた様々な科学実験を行います。子どもの「なぜ?」「どうして?」の気持ちを大切にし、「自分で調べみよう」という探求心を育みます。また、楽しみながらプログラミングの基本を体験したり、ロボットづくりで遊んだりするメニューも用意しています。

変化の激しい情報社会を生き抜く力を持ったこどもを育てたい。

これからの社会では、自分の頭で考え判断する思考力や的確にコンピューターを活用できる能力が求められます。こどもの王国では、そのための基礎的な能力を育んでゆきます。

3. 農業や里山での体験を通じて、自然を受容し愛する心を育みます

資本主義経済も限界に達しているのではないかと言われる中、大量生産、大量消費を繰り返してきた私たちは、今こそ自然と共存/共生する生き方を取り戻す時が来ているのではないでしょうか?

こどもの王国では、千葉県富津市に『こどもの王国ファーム』を所有しています。全2.5ヘクタールの田んぼや畑、里山の中で、様々な自然体験活動を行っています。

ソーラー発電で電気を作り、水は100メーターの地下から汲み上げています。作物は農薬を使わず、有機農法やパーマカルチャーで育てています。

土と緑と太陽に根ざした自然教育に力を入れて、田植えや稲刈り、ご飯作り、星空キャンプ、魚取り、秘密基地作りなど楽しい活動がいっぱいです。

自然を愛し、地球と環境を大切にできるこどもを育てたい。

人が生きてゆく上でなくてはならない自然に小さいころから親しみ、限りある資源を大切にできるこどもを育てています。

去る5月21日(日)、こどもの王国ファームにて田植え体験&バーベキューを行いました。最高の天気の中、みんなで泥と笑顔にまみれながら田植えに精を出し、美味しいバーベキューに舌鼓を打ち、素晴らしい1日を過ごすことができました!
これからもこどもの王国ではたくさんのファームイベントを開催して参ります。こちらは在園児だけでなくどなたでもご参加いただけます。
9月下旬には春に植えた稲をみんなで刈り取る稲刈り祭、11月にはそのお米をみんなで食べる収穫祭を予定しております。候や稲の発育状況によって日程は変わりますので、確定しましたらお知らせいたします。
ご興味のございます方は、どうぞお気軽にお問い合わせください。

説明会について

説明会日時
(Enrollment Briefing、说明会、Réunions d’informations)

10月22日(日)10:30~

説明会は基本的に毎月1回開催しております。

参加希望の方はお問い合わせフォームよりお申込みください。

上記の説明会以外でも、随時個別相談および見学の受け付けをしております。質問等ございましたら、お気軽にお問い合わせください。

お申し込み

説明会へのご参加、園の見学など、お気軽にお問い合わせください。